脱毛テープはうまく使えばメリット大!ただし肌を労る面では注意すべきことも

スキンケアする女性

脱毛テープとはムダ毛を脱毛したい箇所に貼り、それを剥がすことでムダ毛が抜けるという粘着力の強いテープです。

大きさや幅など、様々なサイズのものが販売されており、脱毛したい範囲に合わせて購入することができます。しかし肌に与える影響も大きく、使用に関しては注意しなければならない点もあります。

まずテープ脱毛前には必ず体を清潔にします。テープを使っての脱毛は一気にムダ毛を抜き取るために、毛穴が開いた状態がしばらく続くことがあります。

そしてそこから雑菌が入ると肌が炎症を起こしてしまうために、脱毛前に体をきれいにしておくことは必須です。

しかし脱毛時は毛穴が開いていたほうがよいので入浴した直後にテープ脱毛を行うか、もしくは蒸しタオルなどで肌を温めてから行うようにします。その後脱毛箇所にテープを貼ります。

ムダ毛がテープにしっかりとくっついているかを確認し、テープに空気が入らないようにします。その後テープを一気に剥がします。剥がし終わった後は脱毛箇所を冷やし、毛穴が閉じるようにします。

このような順序でテープ脱毛は行われます。

●脱毛テープのメリット

脱毛テープのメリットはたくさんあります。まずは脱毛にかかる時間とコストです。

テープを脱毛したい箇所に貼ってそれを剥がすという非常に単純な方法ではあるものの、ムダ毛をまとめて根元から抜き取ることができるために瞬時に脱毛を完了させることができます。

また当然ことながら価格は脱毛サロンに通うよりも、そして家庭用脱毛器を購入するよりも安く、経済的です。

また脱毛した箇所のムダ毛が再び生え始めたときに素早くこの方法で脱毛すれば、2回目以降はそれほど痛みを感じなくなります。

なぜならムダ毛の生え始めは細く,弱々しいものだからです。またムダ毛が細いときに再び脱毛することで毛穴が閉じやすくなるために、肌の見栄えもよくなります。

しかしあまりに短かったり、細かったりした場合は脱毛テープにムダ毛がくっつかないことがあります。そのため適度な長さに成長するまで待たなければならないこともあります。

●脱毛テープのデメリット

脱毛ワックス同様、肌に大きな負担をかけてしまうのがこのテープ脱毛の最大のデメリットです。

特に太くてたくさんのムダ毛が生えている箇所をテープ脱毛することは危険です。また肌の調子が悪いときには使用することができないために、いつでもどこでも使用できるというわけではありません。

また肌の状態がよくても粘着力の強いテープによって肌細胞のいくらかを剥がしてしまうこともあります。

そのため肌の機能を低下させてしまうこともあるのです。またこの脱毛が合わない人は毛穴に色素沈着が現れます。このような症状が出たならすぐに使用を止めるべきです。

確かに脱毛テープによる脱毛は肌に大きな刺激を与えるために向き不向きがあります。どちらかというとムダ毛がそれほど多くなく、尚且つ細い人向けであるといえます。

また、たとえムダ毛の質がそのようなものであってもテープの使用前と使用後の肌ケアは非常に重要ですので、この点をしっかりと明記しておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です