脱毛サロンはアトピーでも通える?

肌に光やレーザーを当てて、毛根から毛が生えないようにする脱毛は、肌に負担をかけてしまうものです。

脱毛サロンに行きたいけど、敏感肌だから心配…という人も多くいます。敏感肌の中でも、アトピーの症状がある人は脱毛を受けられないと思っていませんか?確かに、肌に負担がかかる脱毛ですから、施術可能な脱毛サロンは限られてきますが、アトピーでも脱毛をすることは可能です。

肌にトラブルや不安がある人は、脱毛サロンを決める前に相談すると良いでしょう。最近では、敏感肌でも施術可能な脱毛サロンも増えてきています。

アトピー性皮膚炎とは

肌の疾患の一つであるアトピー性皮膚炎を患っている人は非常に多くいます。症状の重い、軽いはありますが、アトピー性皮膚炎の人の肌は、極端にバリア機能が低下している状態です。

バリア機能とは、人間の肌が持つ保護機能で、肌の水分蒸発を防いだり、乾燥や紫外線、衣類の刺激などの外部刺激から肌を守ったりする役目を持っています。このバリア機能は、肌内部のセラミドという保湿因子の量によって決まります。

アトピー性皮膚炎になっている肌は、普通の肌の人と比べるとセラミドが不足していると言われているのです。そのため、ちょっとした刺激でも肌に炎症が起こり、赤みやかゆみを引き起こします。

水分が極端に低下してしまうと、皮むけのような状態になり肌の表面がカサカサとしてしまいます。ヒジの内側やヒザの裏、首など、皮膚の柔らかい場所に症状が出やすいです。

通うには医師の診断書が必要な場合も

脱毛サロンによっては使っている脱毛器が違います。アトピーなどの敏感肌でも施術可能な脱毛器を使用している脱毛サロンなら通うことが可能です。

ただし、アトピーの症状が出ている場合には施術を断られることもあります。また、脱毛サロンによっては医師の診断書が必要となるところもあります。

アトピーの症状が出ていないからと言って、脱毛サロンや医師に相談せずに脱毛を始めるのは危険です。特に治療やかゆみを抑えるためにステロイド剤を使用している場合は、その旨を脱毛サロンに伝えなければなりません。ステロイドを塗っている部位は、紫外線に反応しやすいからです。

脱毛に使われる光やレーザーは、紫外線の光とよく似ています。ステロイドを塗っていた場所を脱毛して、シミができてしまうことだってあるのです。もし不安なら、医師が常駐しているクリニック併設の脱毛に通うのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です